読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『東方座敷牢合同 「指籠」 』 -東方同人誌感想

東方同人感想

今回の東方同人誌感想は、第三回博麗神社秋季例大祭にてサークル「梶迫小道具店」様発刊の『東方座敷牢合同 「指籠」 』になります。

 

全部読んだ後で調べてみたんですが、指籠は「さしこ」と読むんですね。名前の響きは穏やかな感じなのがより一層業を深くしている気がします…

これから詳しい感想を書いていくんですが、今まで合同誌の感想は全作品のまとめ的な書き方をしていたと思うのですが、今回は各々の作品について感想を書いてみようかなと思います。それに伴って文字数も多めになっちゃうかもしれません。まあ語彙力がアレなのでそれでも大した事が書ける訳ではありませんが…それでは、

 

 

1,巻頭カラー (制作:菊壱モンジ様、文章:みなみきずな様、構成:蓬利シンジ様、撮影:鉄男様、モデル:本居小鈴/あみり様・二ツ岩マミゾウ/菊壱モンジ様)

コスプレ写真×掌編小説、と言ったら良いのでしょうか?面白い試みだと思います。衣装や小道具も忠実に再現されててすごいです。しかしまあ小鈴チャン一体何やらかしたんだ…

 

2,「楽園の底で」 (著:人比良様)

こちらは別の世界線の小鈴ちゃんです。小鈴ちゃんのSAN値がどんどん減っていくのが手に取るようにわかります。僕が座敷牢という言葉そのものに対する恐ろしい印象に近い座敷牢の在り方が描かれてた気がします。

 

3,漫画 (著:つぐみ様)

綺麗な姫うどん漫画です。いや、姫うどんに汚いは無いと思いますが…

罰として地上という檻に入れられた経緯がある輝夜らしい発言というかなんというか…やっぱり宇宙人の考える事はわかりませんね!(オイ

姫様が今を楽しんでいるのであればそれで良いんだと思います。

 

4,「籠椿の話」 (著:海沢海綿様)

「古山茶(古椿)の霊」が話の題材になっている作品なんですが、結構エグい話です。座敷牢の中の娘と竹籠の中の椿(娘の水子の霊?)に対比的なナニカを感じたりもしました。なんというか、感想を言葉としてアウトプットするのが難しい作品でした。力不足で申し訳ない…

 

5,漫画「私が守るから」 (著:くま様)

小鈴ちゃん第3弾。妖魔本を蒐集してる以上は自身が妖魔になってしまうリスクだって高いですよね。この「限りなくあり得る状況」というのはやっぱり恐怖感が増すというか、うん、こわいです。それはそうとして阿求の様子もなんだか…

 

6,「your cage」 (著:みなみきずな様)

紫が座敷牢に入ってる…!?

と、初っ端から衝撃を受ける展開でしたが…

なんというか、閉じこめてる霊夢も閉じこめられてる紫もなんか色々と拗らせててアア…ってなってしまう雰囲気がありました。これもゆかれいむの一つのカタチなんだ。そうだ。そうに違いない。

 

7,「桂花の話」 (著:梶迫迅八様)

途中まで読んでてあれ?座敷牢出てこないな?と思っていたら後半の怒涛の展開。一気に伏線を回収して事態が収束する展開は読んでいて爽快感すら感じます。いや、内容は爽快とはまた違うのですが…

あと、このお話を読んだ後に桂花、つまり金木犀の花言葉を調べてみた所、「謙虚」「気高い人」「真実」なんかがあって、ちょっと考えさせられました。作者の方がそこまでお考えになっているかはわからないのでこれは僕の独りよがりですが…

 

 

…と、こんな感じで書いてみたのですが、やはり一個人が読む以上、感想の書き方に作品ごとに差が出てきてしまいますね。感想にすらなってないのもチラホラ…お許し下さい…

合同誌全体としては、座敷牢に対して持ってるイメージが人それぞれ違いがあった様に見えて、他人の世界観を覗き込むのが好きな僕にはとても満足の行く内容でした。

最後に蛇足ですが、僕は同人誌感想を書くとき、タイトルを『』で囲うのですが、

『東方座敷牢合同 「指籠」 』←この書き方が既に座敷牢みたいな構図になっててアァ…ってなりました。それだけです。

 

読ませていただきありがとうございました。