『我が心の鷲よ、月を探るな ープラネット・イーグルー』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、東方紅楼夢12にてサークル「菜飯田楽」様発刊の『我が心の鷲よ 月を探るな ープラネット・イーグルー』になります。

 

 タイトルに見覚えがあったので調べてみたら、どうやら平沢進氏の楽曲「我が心の鷲よ 月を奪うな[プラネット・イーグル]」が元ネタになってる様です。(間違えていたらすみません…)

SF系の本は自分から進んで読むことがほとんどなかったので、最初はいわゆる専門用語に面食らいながら読んでいたのですが、組織の陰謀が見え隠れする場面だったりそれを暴こうとする場面を読んでるとこう、得体の知れないワクワク感がありますね。読んでて楽しかったです。

最後の方の話が個人的にあまり理解が追いつかなかったのですが、どうやらこの作品、既存のSF作品である『1984年』(著:ジョージ・オーウェル)を元に書かれてる様ですのでそっちを先に読んでからこっちをもう一周してみてまた追加で感想を書きたいと思います。

 

読ませていただきありがとうございました。