読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『妖守(あやかしもり)』 -東方同人誌感想

東方同人感想

今回は第13回博麗神社例大祭にてサークル「濁江の蛙」様発刊の『妖守(あやかしもり)』を読ませて頂きました。

 

個人的に妖忌が中心となってその生い立ちや妖々夢本編との関わりを描いた二次創作は初めて読んだので、設定等にあまり違和感は感じずサラッと読めた印象です。

ただ少し意外だなと思ったのが、剣術に関する描写が少なかったことです。(僕が以前作者様の『白狼悩乱』を読んだ事があるので少なく感じただけなのかもしれませんし、設定上そうせざるを得なかったのか敢えてそういう設定にして描写を少なくしたのかは作者様しか知りえないことではありますが…)

桜好きを拗らせてしまった妖忌っていいですね。今まで2次創作で見てきた妖忌が剣ばかり握っていた所為かどこか堅いイメージだったのですが、この妖忌は桜の事になると少し物腰が柔らかくなってる気がして何か親近感の様なものすら感じました。

 

読ませて頂きありがとうございました。