読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『最終兵器と先生』-東方同人誌感想

東方同人感想
今回は第13回博麗神社例大祭にてサークル「北国もやし製造所」様発刊の『最終兵器と先生』を読ませて頂きました。(奥付だと『最終兵器先生』となっていますが、一応表紙の表記に従います。)けーね先生とチルノと紺珠伝の例の機械(ロボット)を中心に回る冒険モノのお話です。

後半の展開がアツいですね〜。にとりがラスボスだと思ってた時期が僕にもありました。左手に感じる厚みにビビりました。(笑)
最後に牙が抜けるロボットの描写が涙を流しているように見えたのは気のせいでしょうか。ああいうのすごく好きです。
一度読み終えてからロボットのセリフを見返すと「ああ、なるほどなあ」と思う箇所がチラホラ。張られた伏線を探すのって結構楽しいですよね。
あとは作中のロボットの能力なんですが、アレを踏まえてロボットにチルノや妹紅はどう映ったのかを想像するのも面白いです。

散らかった感想になってしまいましたが読ませて頂きありがとうございました。