『つける薬もないまま』-東方同人誌感想

今回はコミックマーケット90にてサークル「サカナキドリ」様発刊の「つける薬もないまま」を読ませていただきました。

 

以下若干のネタバレがある可能性があるので注意…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に坂奈さんの描くキャラの表情がとても好きで、今回の新刊は一層それを感じた1冊でした。僕なんかよりよっぽど表情豊かです。羨ましい。

一番好きだったのは清蘭の泣き顔です。ホントかわいい。

もちろん青りんごも尊かったですしそれ見て羨ましがってドレミーに抱きつくサグメ様ホントドレサグですし純狐来て調子乗ってるうどんげかわいいですし…

 

とにかく良かったです!!!(語彙力不足

 

読ませていただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

『妖守(あやかしもり)』 -東方同人誌感想

今回は第13回博麗神社例大祭にてサークル「濁江の蛙」様発刊の『妖守(あやかしもり)』を読ませて頂きました。

 

個人的に妖忌が中心となってその生い立ちや妖々夢本編との関わりを描いた二次創作は初めて読んだので、設定等にあまり違和感は感じずサラッと読めた印象です。

ただ少し意外だなと思ったのが、剣術に関する描写が少なかったことです。(僕が以前作者様の『白狼悩乱』を読んだ事があるので少なく感じただけなのかもしれませんし、設定上そうせざるを得なかったのか敢えてそういう設定にして描写を少なくしたのかは作者様しか知りえないことではありますが…)

桜好きを拗らせてしまった妖忌っていいですね。今まで2次創作で見てきた妖忌が剣ばかり握っていた所為かどこか堅いイメージだったのですが、この妖忌は桜の事になると少し物腰が柔らかくなってる気がして何か親近感の様なものすら感じました。

 

読ませて頂きありがとうございました。

 

『さめない夢を貴方に』 -東方同人誌感想

今回は第13回博麗神社例大祭にてサークル「ふみ庫」様発刊の『さめない夢を貴方に』を読ませていただきました。紺珠伝勢のストーリー2編です。

まずは一つ目のヘカ純ピースです。
心温まりますね。こんなに優しいクラウンピースも中々拝めません。思わずニッコリしてしまう短編でした。

2つ目のドレサグです。
一つ目のヘカ純ピースとは雰囲気ががらりと変わって驚きました。ちょっとひねくれてるというか、距離をとりつつもやっぱり…みたいなドレサグもいいですね。

読ませて頂きありがとうございました。

『私の部屋で不死のばけものを飼っている。』 -東方同人誌感想

今回は第13回博麗神社例大祭にてサークル「贖罪モナトリアム」様発刊の『私の部屋で不死のばけものを飼っている。』を読ませて頂きました。現代入りもこすみ本です。


いなくなって欲しくないが為に鎖でベッドと妹紅を繋ぐ菫子、
どうにもならないことを夢見て全てを捨てて菫子に会いに行く妹紅、
お互いに抱く感情は同じなのに読んでる側もむず痒い思いをする青春百合
といった感じで、うまく言語化できませんが詰まる所尊いです。悔しい。
菫子に縛られてる筈の妹紅が菫子を縛りたかったと言ったり菫子は菫子で私が死んだら一生後悔しちゃえば良い、これで公平だとか言っちゃったりもうお前らお互いのこと好きすぎるかよ…ってなってました。

…上の文を書くのに1時間かかった上に未だに何が書きたかったのかが自分でもよくわからなくなってきてますが、2人が幸せになっていることを切に願うばかりです。

読ませて頂きありがとうございました。

『最終兵器と先生』-東方同人誌感想

今回は第13回博麗神社例大祭にてサークル「北国もやし製造所」様発刊の『最終兵器と先生』を読ませて頂きました。(奥付だと『最終兵器先生』となっていますが、一応表紙の表記に従います。)けーね先生とチルノと紺珠伝の例の機械(ロボット)を中心に回る冒険モノのお話です。

後半の展開がアツいですね〜。にとりがラスボスだと思ってた時期が僕にもありました。左手に感じる厚みにビビりました。(笑)
最後に牙が抜けるロボットの描写が涙を流しているように見えたのは気のせいでしょうか。ああいうのすごく好きです。
一度読み終えてからロボットのセリフを見返すと「ああ、なるほどなあ」と思う箇所がチラホラ。張られた伏線を探すのって結構楽しいですよね。
あとは作中のロボットの能力なんですが、アレを踏まえてロボットにチルノや妹紅はどう映ったのかを想像するのも面白いです。

散らかった感想になってしまいましたが読ませて頂きありがとうございました。


『東方夜尿合同2 〜袖を濡らせど日はまた昇る〜』-東方同人誌感想

今回は第13回博麗神社例大祭にてサークル「母川怪奇」様発刊の『東方夜尿合同2 〜袖を濡らせど日はまた昇る〜』を読ませて頂きました。いわゆる「おねしょ」をテーマにした合同誌です。

僕は1の方を読んだことがなく、偶然ツイッターで告知を見かけて興味があったので新刊である2の方を買わせて頂いた次第なのですが、正直なところ読むまでは「よくあるギャグ系特殊性癖モノ」という偏見しかなかったです。寄稿されている作品はそんな感じのものが殆どなのだろうと。
ごめんなさい。完全に無礼てました。やにょう創作がこんなにも多様性に溢れ、また奥深いものだとは思っていませんでした。笑いあり涙あり、多様なおねしょがあった訳ですが、おねしょが幻想少女に大事な事を気付かせ、また明日一歩前進するための力になっているのは全ての作品に共通して言えることなのではないのかなぁと思います。ガツンと殴られたような衝撃を受けるとともに、またひとつ見る世界が広がったような気がします。

余談ですが、ギャグ本を真顔で楽しむ自信のあった僕はこの本をあろう事か大学の学生ラウンジで読んでしまった訳なのですが、特に鮭缶さん→ハチさんのお話は流れを含め(お二方のお話に関連性があるかはわかりませんが)とても感動してしまい、近くに居た人に不審な目で見られながら泣いてました。学生ラウンジで夜尿合同を読んで泣いてるってもはや夜尿より恥ずかしいのでは…と思わなくもないですが、それぐらい良いお話だったということです。

最後に改めて参加者の皆様、読ませて頂きありがとうございました。



『その首ひとつ水底に』 -東方同人誌感想

『その首ひとつ水底に』 わかさぎ姫×赤蛮奇合同 感想

今回は第13回博麗神社例大祭にて、サークル「えいの沼」様発刊の『その首ひとつ水底に』というわかばん合同本を読みました。

この本に寄稿された話の全ての内容がかなり濃いです。どれぐらいかというと死海の塩分ぐらいです。濃すぎて体が浮きます。比喩ですがあまり比喩になってないです。
個人的に楽しめたポイントとしては、わかばんの描写における焦点のひとつに「(陸地と水中の)生活圏の違いによる大きな壁」がある(と、少なくとも僕は思っている)のですが、それに対して2人はどういう答えを出すのか、この部分の描写が作者様の違いが大きく出ていて、読んでて印象深かったです。
後はこう、呻きたくなるぐらい心が締め付けられるお話が多かったです。読んでるとなんだか心苦しくなって読むスピードが落ちてきます。だがそれがいい

最後に月並みですが、読ませて頂きありがとうございました。