読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『浮世の巫女』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、サークル「La Mort Rouge」様発刊の『浮世の巫女』になります。

上巻がC87(2014)、中巻がC88(2015)、下巻がC89(2015)に発刊されており、総ページ数は1900ページ以上になる長編小説です。

原作ではある一つのイベント(一作品)における「博麗霊夢」をストーリーの中から断片的な情報(物語)として知ることしかできません。ゲームとして出している以上それ自体は仕方がないのですが、二次創作としてそれらを自身の解釈や創作を交えながら再構築し、一つの物語を描くというのは、発想こそ割と多くの人が思いつくかもしれませんが、完成まで持っていける人はごく僅かだと思います。そういった意味でなかなか出ないタイプの小説だと思いますし、物語が旧作以前から紺珠伝以降までオリジナル要素を繋ぎ程度に、時に大胆に織り交ぜながら一つに仕上がっている様は圧巻です。読み終わってから全体を振り返ると尚更そう思います。

個人的に好きだった所は、霊夢が博麗の巫女を辞めた後の余生を描いた場面(紫視点で描かれたものも含む)です。読んでると時間がすごくゆったりと流れるように感じ、博麗の巫女として過ごしてきた波乱万丈な人生があっという間に過ぎ去ってしまった事を強調するかの様な、心地良さと寂しさを同時に覚えるあの感覚がとても良かったです。

読ませていただきありがとうございました。

『東方易者合同 -Diviner tales-』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、東方紅楼夢12にてサークル「直線orz」様発刊の『東方易者合同 -Diviner tales-』になります。

 

 最初は面白半分で買ってみたんです。何回易者の頭がカチ割られるのかな〜とか考えながら読み始めたんです。こんなにも易者への愛に溢れた本を僕は知らない、ってぐらい想いのこもった作品ばかりでした。

特に口授と史紀のパロディは再現率高過ぎて表紙を一旦見返して口授と史紀も見返したぐらいです。絶対公式で出してもこういう注釈つくでしょ(笑)と読みながらツッコミを入れるぐらいのある種のリアリティを帯びてました。愛の力ですね。間違いない。

 

読ませていただきありがとうございました。

『SPOIL〈上〉』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、東方紅楼夢12にてサークル「砂亭」様発刊の『SPOIL〈上〉』になります。

 

 早苗が天狗の新聞大会に出る、ということでこの先展開が面白くなりそうで続きが楽しみです。

 

読ませていただきありがとうございました。

『数え歌』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、東方紅楼夢12にてサークル「seseri」様発刊の『数え歌』になります。

 

なんやかんやあって、以前と形は違うかもれないけど、ある意味再出発できたあやれいむ…最高じゃないですか!

要所要所で文(もしくは霊夢)の回想が入って、しかもその回想の内容が今とほぼ同じ状況が起こってるが為に否応なしに意識してしまう所とかが個人的に良かったです。

まだまだ続くということなので楽しみにしております。

 

読ませていただきありがとうございました。

『PULP ACTION〈2〉』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、第三回博麗神社秋季例大祭にてサークル「鳥取さばく帝国」様発刊の『PULP ACTION〈2〉』になります。

 

 CARNYABALに橙が一枚噛んでたのは意外でしたし、あれだけ見るとCARNYABAL自体の設立の詳しい経緯も気になりますね。あと生首ルーミアかわいかったしカッコよかったです。

遂に反撃!という所で終わってしまいましたがこのワクワクは次回に持っていこうと思います。

 

読ませていただきありがとうございました。

『魔本の国の少女』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、東方紅楼夢12にてサークル「北国もやし製造所」様発刊の『魔本の国の少女』になります。

 

 咲マリ冒険モノ、個人的にあまり見たことのない組み合わせだったのでどんなものかと思ってましたが思った以上に冒険してましたね。というか面白い。

おそらくこの作品のテーマというか主軸の一つに「人間らしさ」というのがあると思うのですが、原作における咲夜の「私は一生死ぬ人間ですから」という名台詞を、この作品内で咲夜が「人間やめれば良いのに」的な事を他人から言われる度に口にしています。もしかしたらただのつまらない意地。でも自分にとってはアイデンティティーに関わる様な大事な事。それを守り通そうとする姿というのはとても人間らしく見えると思いますし、同時に人間らしさを大切にしている様にも見える咲夜だからこそ本の世界に目に見える形の触媒無しに入れたのでは?

…と、考えてはみたのですが、自分で言っててあまり納得してないので多分ガバガバ考察です。紫様も未だに見つかってないです。紫様は頑張って見つけます。

 

最後にもう一度だけ、とっても面白かったです。

読ませていただきありがとうございました。

『海の話』 -東方同人誌感想

今回の東方同人誌感想は、東方紅楼夢12にてサークル「ゐゑ」様発刊の『海の話』になります。

 

海のない幻想郷でこのレベルの海の話を…!!

…という冗談は置いておいて、本当に面白かったです。序盤から終盤まで本当に隙がないぐらい面白さが詰まってました。広げた話の落とし所も違和感なく、全体がまとまってるように感じたためか読みやすかったと思います。印象に残った場面は…ちょっと団子!の所、めっちゃウケました。同人誌で声出して笑ったのは久々な気がします。一番好きなシーンは最後の夢から覚める直前の背景の月(というか目?)が割れて地球が見える所ですね。あそこでもう鈴仙が立ち直ったなって事が直感で理解でき、安心感すら芽生えます。キレイな終わり方で良いですね。

 

読ませていただきありがとうございました。